All in One SEO Pack の設定


All in One SEO Pack の設定方法

WordPress のプラグインで非常に重要度が高いプラグインのひとつが All in One SEO Pack である。

このプラグインは

  • SEO 対策をまとめて管理できる
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げるメタタグを自動生成する
  • クローラの巡回を促す XML Sitemap を自動生成する

以上3つの便利機能が重要でその設定が大事となります。

All in One SEO Pack の設定と使い方

WordPress のプラグインメニューで新規追加から、All in One SEO Pack をインストールして有効化すると、WordPress の管理画面の左メニューの上部に All in One SEO のメニューが追加されています。

設定項目

1.一般設定

2.XML サイトマップの設定

3.ソーシャルメディアの設定

以上が基本的な設定項目です。

All in One SEO Pack のチュートリアルビデオです。

1 一般設定

ここでは、全体的な設定をして行きます。

設定項目

  1. ホームページ設定
  2. キーワード設定
  3. タイトル設定
  4. カスタム投稿タイプ設定
  5. 表示設定
  6. ウェブマスター認証
  7. Google 設定
  8. Noindex 設定
  9. 詳細設定

1-1 ホームページ設定

最初の設定として、「ホームページ設定」を行ないます。「ホームページ設定」で「タイトル」と「ディスクリプション」の設定が重要となります。「タイトル」には最大60文字で「ディスクリプション」には最大160文字で入力します。ここで設定する「タイトル」と「ディスクリプション」は検索結果に表示されるのでとても重要です。

SEO ホームページ設定 ‹ Webvarious — WordPress

ホームタイトルにはタイトルを入力を、 ホームディスクリプションにはメタディスクリプションと呼ばれ、ホームキーワードはメタキーワードと呼ばれる属性を指定する時に使われます。

1-2 キーワード設定

キーワードの詳細設定では、「キーワードを使用」の「有効」にチェックを入れます。その他のチェックボックスは外しておきます。

SEO キーワード設定 ‹ Webvarious — WordPress

「キーワードを使用」の「有効」にチェックを入れておかないと、ページごとの SEO キーワードの設定が出来なくなります。それ以外のボックスにチェックを入れると、各記事のメタキーワードが自動生成されてしまいます。

1-3 タイトル設定

タイトル設定は、Google の検索結果のページに表示されるタイトルを設定するものです。が、今では、Google が調整しているようです。よって、「利用停止」にチェックを入れておきます。

SEO タイトル設定 ‹ Webvarious — WordPress

「タグと検索タイトルを大文字にする」と「カテゴリータイトルを大文字にする(英字のみ)」は日本語のブログでは必要がないので、チェックを入れなくてもよい。

1-4 カスタム投稿タイプ設定

カスタム投稿タイプ設定は、WordPress の機能の一つであるカスタム投稿の SEO 設定を行ないます。

SEO カスタム投稿設定 ‹ Webvarious — WordPress

このような設定をしておくと、カスタム投稿機能を使って、各ページに個別の SEO 設定を行なえるようになる。

1-5 表示設定

ここでの設定は、カスタム投稿機能の SEO 設定をした各ページの、どのページを表示させたいのか、の設定をします。

seo%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e8%a8%ad%e5%ae%9a-webvarious-wordpress

「カスタム投稿タイプの列ラベルを表示」は、 WordPress でコンテンツを作成する時には、この機能は必要なので「投稿」「固定ページ」ともにかならず有効にしておきます。

メディアやコンタクトフォームは SEO で上位表示させる必要がないので、チェックの必要はありません。

「管理バーや上部にメニューを表示」はSEO に影響するものではないので、チェックの有無はどちらの設定でもかまいません。

1-6 ウェブマスター認証

ウェブマスターツールの認証をする事により、サイトの所有権の確認が出来ます。

以下の設定により、サイトの所有権の確認が出来るようになります。

seo-%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%96%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%a8%ad%e5%ae%9a-webvarious-wordpress

ウェブマスターツールから埋め込みタグをコーピーします。

ウェブマスターツールの HTML タグをコピーします。

Search Console Google Webmaster Tool-metaタグ

上の赤枠内の HTML タグの中の content=”RIJ・・・・・・・・・・・・・”の英字と数字の部分をこの Google ウェブマスターツールの赤枠の中にコピー&ペーストして下さい。

seo-%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%96%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%aa%8d%e8%a8%bc-webvarious-wordpress

これで、ウェブマスターツールで「サイトの所有権の確認」が出来るようになりました。

詳しくはウェブマスターツールの設定をご覧下さい。

1-7 Google 設定

ここでは、Google+との連携してアナリティクスとも紐づけるための設定をします。

seo-google%e8%a8%ad%e5%ae%9a-webvarious-wordpress

「Advanced Authorship Options」はページに任意の場所に作成者のタグを表示するかどうかの設定ですから、SEO の観点から有効にチェックを入れる必要はありません。ですから、利用停止にチェックを入れます。

「Google アナリティクス ID 」には、アナリティクス ID を入力してください。

*詳細はアナリティクスの設定をご覧ください。

1-8 Noindex 設定

Noindex とは、Google にインデックスさせなくてよいページに設定することです。

インデックスを設定することでクローラーの効率が良くなり SEO に好影響を与えることが出来ます。

seo-noindex%e8%a8%ad%e5%ae%9a-03-webvarious-wordpress

seo-noindex%e8%a8%ad%e5%ae%9a-04-webvarious-wordpress

seo-noindex%e8%a8%ad%e5%ae%9a-05-webvarious-wordpress

1-9 詳細設定

詳細設定となっていますが、その他の設定ということです。特に設定することもないです。

「ディスクリプションを自動生成」にチェックを入れます。それ以外は、SEO に関してとくに必要がないものです。

seo-%e8%a9%b3%e7%b4%b0%e8%a8%ad%e5%ae%9a-01-webvarious-wordpress

seo-%e8%a9%b3%e7%b4%b0%e8%a8%ad%e5%ae%9a-02-webvarious-wordpress

以上が、All in One SEO Pack の一般設定です。

2 XML サイトマップの設定

ここでは、クローラーの巡回を促す機能の設定をします。XML サイトマップは検索エンジンにサイトの更新情報を伝えるための重要なものです。

XML サイトマップにアクセスするには、管理画面の左メニューの All in One SEO Pack の中の「機能管理」をクリックします。

seo%e6%a9%9f%e8%83%bd%e7%ae%a1%e7%90%86-xml-sitemaps-webvarious-wordpress

すると、「機能管理」の中に XML サイトマップがあります。その下にある「Activate」をクリックすると「Deactivate」になり、中のイラストがカラーに変化します。これで、XML サイトマップの機能が使えるようになりました。

seo-xml-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97-webvarious-wordpress

すると「管理画面」の左メニューの「All in One SEO」に「XML サイトマップ」が追加されています。

*サイトマップとは?

サイトマップは、ウェブマスターがクロールのために知用可能である自分のサイトのページについての検索エンジンに通知するための簡単な方法です。 最も単純な形式で、サイトマップはサイト内他の URL への相対的な追加されたメタデータの  URL (通常の、あるいは、重要な変更が最終更新の時)をリスト化したXML ファイルを、検索エンジンは、よりインテリジェントにサイトをクロールできるようにします。 (Sitemaps.org より)

尚、詳しくは、公式ドキュメント Sitemaps.org をご覧ください。

ここでの、設定項目は

  1. XML サイトマップの設定
  2. 追加ページの設定
  3. 除外項目の設定
  4. 優先順位の設定
  5. 頻度の設定

2-1 XML のサイトマップの設定

seo-xml-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97-01-webvarious-wordpress

2-1-1 ① の「ファイル名接頭語」はサイトマップの名前を設定することが出来ます。デフォルトで「sitemap」で良いです。(これが、簡単にロボットがサイトマップを見つけるためのファイル名です。)

2-1-2 Google へ通知 

2-1-3 Bing へ通知   

チェックボックスにチェックを入れた場合は、サイトマップに変更を加えた時に Google と Bing に通知します。

2-1-4 更新を予約

サイトマップに Google と Bing に追加または変更する頻度を通知するスケジュールを選択します。

seo-xml-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97-02-webvarious-wordpress

2-1-5 サイトマップインデックスを有効化 

サイトマップに 50,000 以上の URL を持っている場合のみ、サイトマップを有効にする。それ以下の URL 数のサイトでは、チェックの必要はありません。

サイトマップインデックスを有効化にチェックいれた場合、下記の通りの表示が現れます。

seo-xml-sitemaps-module-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%92%e6%9c%89%e5%8a%b9%e5%8c%96-semper-plugins

上図のように、Enable Sitemap Indexes にチェックを入れると、Paginate Sitemap Indexes , Maximum Posts Per Sitemap と2つの項目が現れます。(大規模なサイト[企業、組織など]以外はあまり必要はないと思われます。)

2-1-6 投稿タイプ  投稿     固定ページ

2-1-7 タクソノミー         カテゴリー

投稿タイプとタクソノミーのセクションでは以上の項目(投稿、固定ページ、カテゴリー)にチェックしてサイトマップをインデックスするような設定をする。

seo-xml-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97-03-webvarious-wordpress

以上の項目では、

2-1-8 仮想 Robots.txt からリンクする 

2-1-9 サイトマップを動的に生成   

この2つの項目にチェックを入れます。

2-2 追加ページの設定

seo-xml-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97-%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-webvarious-wordpress

ページを追加したい場合は、URL を入力して、ページ優勢順位(0.0~1 )を選択し、ページ頻度(always, hourly, daily, weekly, monthly, yearly, never )の中から選択して、最終更新日時を入力後 「URL を追加」をクリックします。

下は、例として contact_us のURL を追加する為に、手動で情報を入力しています。

seo-xml-sitemaps-module-%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-semper-plugins

以上のように、情報を入力して「Add URL」(URL を追加)をクリックすると、下の画面が表示されます。

seo-xml-sitemaps-module-%e8%bf%bd%e5%8a%a0-url-semper-plugins

上の画面の入力情報を確認してもう一度「Add UDL」をクリックすると設定が更新されます。

2-3 除外項目の設定

seo-xml-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97-%e9%99%a4%e5%a4%96%e9%a0%85%e7%9b%ae-webvarious-wordpress

除外項目では、お問い合わせページのような検索エンジンにインデックスされる必要がないページは、除外する事が出来ます。

2-3-1 除外カテゴリー  ここでの項目には、チェックを入れないようにします。

2-3-2 除外ページ    ページを除外するには、ポストまたはカスタムタイプを各項目のスラグまたは ID をコンマで区切って入力します。

例) contactus、180, 60  など

2-4 優先順位の設定

seo-xml-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97-%e5%84%aa%e5%85%88%e9%a0%86%e4%bd%8d-webvarious-wordpress

2-5 頻度の設定

seo-xml-%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97-%e9%a0%bb%e5%ba%a6-webvarious-wordpress

「優先順位」「頻度」はデフォルトのままで良い。

One SEO Pack 内のすべての XML サイトマップページの上部にある[サイトマップを表示]リンクをクリックすると、各URL の現在の値と一緒にマップ上の優先順位および変更頻度の列を見ることができます。これらの設定の両方の値がURL の最終更新日時に基づいて生成されます。デフォルト設定は「上書きしない(オーバーライド)」設定です。これは、動的サイトマップがチェック設定の生成を持っていれば優先順位や頻度はサイトマップの変更として更新されています。

最後に、「サイトマップを更新」をクリックします。これで、サイトマップが生成されサイトマップの URL は 「http://exanple.com/sitemap.xml 」で確認できます。

* サイトマップを Google に送信してインデックスを早めることが出来ます。

送信する方法は、「サイトマップの送信とテストの設定方法」で確認できます。

3 ソーシャルメディアの設定

All in One SEO Pack のソーシャルメディアモジュールを使用すると、ソーシャルネットワーキングは、自らのネットワーク上で、自分のサイトやブログを表示するため、追加のメタデータを利用することができます。 標準プロトコルである OGP(オープングラフプロトコル) を利用することができます。

OGP(Open Graph Protocol) とは、あなたの記事が「いいね!」された時に、Facebook のニュースフィードに表示される 画像・タイトル・ディスクリプションを意図したものに設定できる機能です。

まず、ソーシャルメディアの設定画面へのアクセス方法です。

WordPress の管理画面の左メニューの「All in One SEO」 > 「機能管理」をクリックします。すると、「ソーシャルメディア」の有効化するための画面が表示されます。

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-%e6%a9%9f%e8%83%bd%e7%ae%a1%e7%90%86-01-webvarious-wordpress

そこで、「Activate」ボタンをクリックすると、ソーシャルメディアのアイコンがカラーに変わります。

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-%e6%a9%9f%e8%83%bd%e7%ae%a1%e7%90%86-02-webvarious-wordpress

そして、「Activate」ボタンが「deactivate」へ表示が変わりました。これで、ソーシャルメディアの設定が出来るようになりました。

 ソーシャルメディアの設定

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-webvarious-wordpress

管理画面の左メニューに「ソーシャルメディア」が追加されています。

下の画像は OG(オープングラフ)のスクリーンショットです。Facebook 上で解釈されて表示される方法をグラフのメタデータの例を以下に示します。

seo-social-meta-module-og-screenshot-semper-plugins

(* 上のスクリーンショトは Social Meta Module より)

この、スクリーンショットの例では、このポストのためのオープングラフメタを講成することより提供された画像、タイトルと説明を示します。

ここでは、ソーシャルメタモジュールの一般設定だけでなく、個々のポスト/ページ設定を掘り下げます。

3-1 一般設定

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-%e4%b8%80%e8%88%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a-adminplus-wordpress

3-1-1 タイトル内のショートコードを実行       

OG(オープングラフ)のタイトルを生成する時、オプションを有効にしていると、ポストやページタイトルのいづれかのショートコードが実行されます。

3-1-2 ディスクリプション内のショートコードを実行 

OG のディスクリップションを生成するとき、オプションを有効にしていると、ポストまたはページコンテンツ内の任意のショートコードが実行されます。これは、自動生成OG の説明が有効になっている場合にのみ適用されます。

3-1-3 OG ディスクプリションを自動生成      

各ページまたはポストのための説明に、抜粋を作成しない場合、チェックを入れていると、SEO Pack は自動的に生成します。

 3-2 ホームページ設定

トップページがシェアーされた時の設定です。

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%e8%a8%ad%e5%ae%9a-adminplus-wordpress

3-2-1 AIOSEO の Title と Description を使用する   

ここで、チェックを入れると One SEO Pack でのすべての一般設定画面で設定されているホームタイトルとホーム説明が使用されます。

注:このチェックボックスをオンにすると、その下にホームタイトルとホーム説明フィールドが非表示になります。

3-2-2 サイト名   サイト名を入力します

3-2-3 ホーム画像  OG で使用する画像をアップロードすることができます

3-3 画像設定

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-%e7%94%bb%e5%83%8f%e8%a8%ad%e5%ae%9a-adminplus-wordpress

3-3-1 Select OG Image Source

OG としてデフォルトで使用される画像を選択するには、このドロップダウンを使用します

3-3-2 画像が見つからない場合はデフォルトを使用  

ここにチェックを入れると、デフォルト OG イメージにOne SEO Pack に含まれるすべてのイメージソースは、デフォルト設定されます。

3-3-3 デフォルトのOG Image Uplosd Image

メディアライブラリから画像を選択するか、画像ファイルをアップロードするか、あるいは、画像の URL を貼り付けるかなどしてデフォルトのOG 画像として使用される画像を設定することができます。

3-3-4 デフォルトの画像幅  : 画像の幅を数字のみで入力する

3-3-5 デフォルトの画像高さ : こちらも、画像の高さを数字のみで入力します

3-3-6 画像にはカスタムフィールドを利用する : カスタムフィールドを利用できます

3-4 Social Profile Links

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-social-plofile-links-webvarious-wordpress

3-4-1 Social Profile Links

ソーシャルプロフィールリンクのフィールドにあなたのソーシャルネットワークのプロフィールの URL を1行に1つずつ入力することが出来ます

3-4-2 Person or Orgarnization?    人   組織

個人か組織かを選択することが出来ます

3-4-3 関連付けられた名前

個人または組織の名前を入力することが出来ます

3-5 Facebook 設定

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-facebook%e8%a8%ad%e5%ae%9a-adminplus-wordpress

3-5-1 Facebook 管理者 ID

Facebook の管理者ID を入力します

3-5-2 Facebook App ID

Facebook アプリのID を入力します

3-5-3 Facebook オブジェクトタイプ    ブログ   ウェブサイト

最新の記事(ブログ)または静的ページ(ウェブサイト)をフロントページとして表示させる選択をします

3-5-4 記事のタグを自動生成する    

この設定は、記事のオブジェクトタイプを持つ Facebook の記事のタグを自動生成を可能にします。この設定が有効になっている時にしたのような3つの(メタキーワード、カテゴリ、ポストタグ)チェックボックスの表示が現れます。

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-facebook-meta-webvarious-wordpress

  • 記事のタグにキーワードを使用 : 自動的にポスト/ページのメタキーワードから記事のタグを生成します
  • 記事のタグにカテゴリを使用 : 自動的に投稿のカテゴリから投稿記事のタグを生成します
  • Use Post Tags In Article Tags : 自動的に記事のタグにポストタグを生成します

3-5-5 Enable Facebook Meta for     投稿   固定ページ

固定ページ、投稿そしてカスタムポストタイプとして任意のコンテントタイプのために OG メタを有効にする設定ができます

3-5-6 Show Facebook Publisher on Article

自分の Facebook のページの URL を入力することで、自分の Facebook ページに記事をリンクする事ができます

3-5-7 Show Facebook Author on Article 

このオプションは、記事としてユーザー編集画面で入力された Facebook のプロフィールの URL を使用します

3-5-8 投稿オブジェクト型(post)

3-5-9 固定ページオブジェクト型(page)

3-6 Twitter 設定

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-twitter%e8%a8%ad%e5%ae%9a-adminplus-wordpress

3-6-1 デフォルト Twitter カード

すべてのコンテンツに対してデフォルトで使用される Twitter カードタイプを設定することができます。

3-6-2 Twitter サイト

ウェブサイトの所有者のための Twitter のユーザー名です。 @記号を含める必要があります。

3-6-3 Twitter 投稿者を表示   

ユーザープロフィール画面に Twitter のフィールドを表示、非表示の設定ができます。

3-6-4 Twitter ドメイン

あなたのドメイン名 (例: twitter.com/@example )

3-7 ソーシャルメタ情報をスキャン

seo-%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3-webvarious-wordpress

ここでは、他のプラグインやテーマによって作成することができる重複ソーシャルメタタグのために、サイトをスキャンすることができます。このスキャンは潜在的な重複メタに警告を表示しますが、修正するためには、そのメタの原因を特定し、それを削除する必要があります。

下は、便利なリンクです

Open Graph protocol

Twitter カード